種まき活動に参加いたしました。

2024年6月16日に、島根県益田市匹見町道川にて開催されたヒマワリと古代あずきの種まき活動に、事業関係者(5名)参加し、お手伝いをいたしました。

こちらのイベントは、道川地区にて数年前から定期的に開催されているイベントで、今年は地区内外から約50名の参加がありました。

2か月後のお盆のころには、満開となっているヒマワリ畑を想像しながら、1つ1つのヒマワリの種を丁寧に埋めていきました。

夏のご旅行やお盆の帰省で、国道191号線をご利用の際には、ぜひとも満開のヒマワリ畑の光景を楽しみながら、近くの「道の駅 匹見峡」で地元の産品をお買い求めいただき、道川の夏の恵みをお楽しみいただければと思います。

弊社は、今後もこういった地域のイベントに積極的に参加させて頂き、微力ながらも、地元の発展に貢献してまいります。

ヒマワリの種まきの様子
古代あずき種まきの様子

2023年12月に実施したイノシシ除け柵の修繕活動に参加いたしました。

2023年12月に設置したイノシシ除けの柵が、イノシシの衝突等で一部、修繕が必要な状況となっていたため、2024年6月15日(土)に、事業関係者 (6名)にて、修繕活動に参加いたしました。

昨年末に設置した柵の不具合や緩みの有無を確認し、柵の固縛強化や、追加で柵を設置するなどの活動を行いました。

当日は、暑い日差しの中、関係者全員汗を流しながらの作業ではありましたが、地元の方々から「修繕箇所が多く困っていたので、非常に助かった」といったお声を頂くことができました。

弊社は、今後も地域の住民の皆様の思いに寄り添い、事業を進めてまいります。

匹見町道川にて、イノシシ除けの柵張りに参加いたしました。

2023年12月2日(土)~3日(日)に島根県益田市匹見町道川にて、イノシシ除けの柵張りを当社メンバー(7名)にてお手伝いさせていただきました。

地元自治会の方々がイノシシの被害に困っており、対策のための柵を張りたいとのお声を受け、1m×2m(高さ×幅)の鉄柵を山の斜面や田んぼの周りに貼っていく作業を行いました。

地元自治会の方と共に2日間にわたり、鉄柱をハンマーで打ち込み、柵を固定する作業を総長6キロほど行いました。張った柵は総計2,000枚以上に上り、全体の7割ほどを終了することができました。

降雪の影響で足場が緩い中、鉄柵を張る作業は非常に重労働でありましたが、地元の方々から「斜面などの過酷な箇所をすべて終えることができたので、非常に助かった。」「来年の稲作が捗るようになるだろう。」といったお声をいただくことができました。

弊社は、今後も地域の住民の皆様の思いに最大限寄り添い、事業を進めてまいります。